高卒認定試験(高認)・大検はJ-Web School

お問い合わせはお気軽にどうぞ
J-Web Schoolへお問合せ
平日10:00-21:00 土日10:00-18:00

合格者インタビュー



高校を中退してから、漢字検定など自分で勉強をし続けていた笛木さん。 その延長線で高認試験に挑戦し、合格することがきっかけで、自分が進みたい進路を見出し、大学進学を果たしました。
今は管理栄養士やその先の就職を目指して、大学で勉強しています。



- 高卒認定試験を受けるきっかけは?

高校を中退して、家でボーっとしていたというか。中退してからはしばらくは漢字検定とか自分で家で勉強していました。もともと漢字が好きだったので、することもないのでやってみようかなと。
高卒認定試験を知ったのは母の勧めで知ったということなんですけど、それまで、いろいろ漢字検定とか検定を受けていたので、その延長線上でやってみたらど う?という感じで勧められて。だから大学に行きたいとかそういうことははじめは考えていなかったです。
高卒認定のガイドみたいな本を読んだり、インターネットでホームページを見たりとかして情報を収集して、はじめは自分でテキストを買って来て独学で勉強し ました。テキストを見てできそうだったので、国語と家庭科の2科目だけ自分で勉強して、合格したんですよ。他の教科はテキストを読んで、ちょっと自分だけ では無理そうだなと思ったので、最初から受けてないです。それで独学をしてみて大変だったので、こちらに入学しました。

- J-Web Schoolを選ばれた理由は?

J-Web Schoolについては本で知りました。インターネット学習なので自宅で勉強できるというのが選んだ一番の理由ですね。インターネットで学校のページを開 いて、音声とかで勉強を進めていくんですけど、画面を見たりテキストを見たりして進めていく感じです。一人で勉強するのが好きなので、戸惑いはなかったで す。いつでも勉強できるというところがいいですね、好きな時間にできるというのが。

- 1日の中でどんな時に勉強していました?

やっているときは一日中やっている感じですけど、やらないときはやらない感じで。自宅で勉強するということで、毎日計画的に進めていくのがちょっと大変でした。あと私はそんなに集中力が続かないので、集中力を持続させて勉強するのが大変でした。

- 勉強を続けるのは大変だったと思いますが、それを支えたモチベーションは何ですか?

高校を一度中退しているので、一度始めた事なので、途中で止めるのは嫌ったので、これだけは続けたいと思ったのと、親にも期待されていたので、期待には応えたいなという気持ちで続けました。

- 苦労した科目は何ですか?

暗記が苦手だったので、それを覚えるのが一番大変でした。英単語とか、歴史とか年号とか。科目では日本史と世界史が苦手でした。テキストを何度も読んで、問題を何度も理解して、克服していきました。近くの図書館で歴史漫画を借りて読んで勉強したりもしました。
どうしても無理だと思ったら、その日はもうやらないで、気分転換をして、次の日にやっていました。

- 受験本番の時はどうでした?

すごく緊張しました。会場に行くまで緊張していて。会場についたら落ち着きましたけど。J-Web Schoolで模試を受けていたのでそれが良かったです。点数がすぐ分かるし、自分の実力が分かるので。

- 合格したときの心境は?

ほっとしました。やっと合格したという感じで。


- 現在、管理栄養士を養成の大学に通っておられますが、管理栄養士を目指そうと思った理由は?

当時流行っていた健康番組を家族で見るのがすごく好きで、自分もこういうことをやってみたいなと思って。健康にいいものとかを勉強したいと思って、いろいろと調べていたら栄養士というのがあるというのが分かって、面白そうだなって興味を持って今の大学を受験しました。

- 大学受験の勉強はどのようにされました?

一年間塾に通いまして、受ける大学の指定する科目の勉強をやっていました。個別に指導してくれるところで、マンツーマンで教えていただきました。受験科目は国語と生物なんですが、入学後も必要だと思ったので、英語と科学も勉強しました。

- 大学受験の際に、高認での勉強が役立ったりしたことはありますか?

高卒認定試験を受けるまでそういう学校の勉強というものをしていなかったので、J-Web Schoolで高認の勉強をして、大学受験の時も基礎的なところが分かっていたので、それほど苦労はなかったです。

- 今大学ではどんな勉強をしているんですか?

管理栄養士の養成校ということで、主に栄養のことを学んでいるんですが、調理学実習とか、給食実習というのがありまして、そこではクラスの7人8人で、180食の給食を作る実習をやったりします。あと、3年生の夏休みと春休みには老人ホームとか外部に2週間から3週間行きまして実習をします。老人ホームに行くと、食事介護とか、高齢者の方の食事を作ったり。1年生の時には生物学実習として、魚やねずみの解剖をしたりしました。みんな結構普通にやっていて、女の子ばっかりなので結構強いというか、ねずみに名前をつけたりして育てて、そのあと解剖したりして。

- 今3年生ということでそろそろ卒業ですが、進路についてはいかがですか?

具体的には決めていないので、これから徐々に決めて行きたいと思うのですけど、今の希望としては給食施設で働きたいです。病院とか老人ホームで働きたいですね。

- 笛木さんにとって高認試験はどんなものですか?

大きく言えば転機というか。試験を受けたことがきっかけで大学にも行こうと思ったし、就職もしようといま思っているので。高認の勉強をしている間は、まずは合格することが先だったので、大学とか考えてなかったんですが、合格してから大学ということを考えるようになりました。高認試験によって道が開けたという感じです。

- ありがとうございました。

就職支援パートナーハタラクティブ