高卒認定試験(高認)・大検は

高卒認定試験受験専門J-Web School
0120142359
高卒認定試験(大検)は 高卒認定試験受験専門J-Web School

0120142359

高卒認定試験の選択科目に迷ったらここ!【理科編】

高卒認定試験合格には必修である国語、世界史、英語、数学のほか、選択科目として日本史または地理、公民(現代社会または倫理及び政治経済)、理科(科学と人間生活、物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎)とあわせて8科目以上の受験が必要です。

特に理科は物理基礎、化学基礎、生物基礎、地学基礎から3科目を選択肢受験する方法と、科学と人間生活から1科目を受験する2科目受験かを選ぶことができます。

高卒認定試験 理科

① 科学と人間生活

科学と人間生活は理科4科目のうち、特に我々人間の生活に関連する内容に絞って出題されます。生活する上で経験する様々な事柄に対し、分野を問わずその科学的背景に興味を持ったことのある人におすすめの科目です。4科目を扱う事柄を絞って勉強することになります。扱う分野は広いものの、身近な応用例が多く出題され、理科系全般が苦手なひとにとっては受験科目を減らすことにもなり、おすすめです。

② 生物基礎

生物基礎は、理科科目の中で一番生活に身近な科目です。
日ごろ、ニュースや新聞で見聞きする内容が登場します。
たとえば、「遺伝子組み換え食品」、実際にスーパーでそのような表示のある食品を目にしたことがある方もいると思います。「ゲノム編集食品」というものもあります。これらの違いが分かりますか?DNA・ゲノム・遺伝子・染色体、それぞれの言葉は異なるものです。生物を勉強すると、それらの違いを知る事ができます。
また「化石燃料の使用による温室効果ガスの増加」という言葉も耳にしますね。これは生物基礎の「生態系の炭素循環」を勉強すると、その仕組みや環境への影響を知る事ができます。
生物を勉強することで、新しい目線で世の中を見る事が出来るようになります。
高卒認定試験では、これら生物の基礎的知識を問う問題が出題されます。

③ 化学基礎

化学は生活の中でも幅広く使われています。セッケンや食品添加物のしくみ等について不思議に思う人は、是非、化学を勉強してみてください。世界が広がります。
色とりどりの花火は、元素の炎色反応によるものです。また、酸塩基反応を利用してトイレの洗剤や、換気扇の洗剤は汚れを落とします。
高卒認定試験では、原子の構造・性質、化学結合の種類・特徴、酸・塩基反応、酸化還元反応などが出題されます。
反応式や酸化数の計算もありますが、出題される元素や化合物の種類は基本的なものに限られています。
そのため、必要な暗記量は少なく、基本事項を押さえていれば解ける問題が多く出題される傾向にあります。

④ 地学基礎

地学は惑星としての地球、太陽系および宇宙を扱います。そのため惑星レベルの現象(地震や台風)、星空や、太陽系や銀河系などの宇宙の構造に興味を持ったことがある人におすすめです。

高卒認定試験で問われる範囲は、宇宙、岩石や古代生物などの化石、地震やプレート、海洋と大気、天気図を読み取る気象分野も出題されます。

知識問題が比較的多く、覚えておけば解ける問題がほとんどです。天気図や地層の模式図など、図を読み取ることで解答できる問題も出題されます。

地学は単純な知識問題と図や表を読み取る問題がバランスよく出題される傾向があります。

⑤ 物理基礎

物理は数式を使って自然現象を理解する科目です。

人間がトラックや乗用車などを押して動かすにはどれくらいの力が必要かや、リコーダーを吹くと音が変わるのはなぜかなど、日常的に接する物理現象に興味を持ったことがある人におすすめです。

たとえば垂直にぶら下げたばねにおもりをつけたという状況を考えたとき、
ばねがどのくらい伸びるかを考えます。

「ばねの伸びはおもりの質量に応じて変化する。」
というように、性質に注目するとらえ方を「定性的」といいます。
一方、
「重さmのときのばねの伸びをxとして、kx=mg(gは重力加速度)に数値を当てはめると、ばね定数kの値を求めることができる。」
このように、現象を量的にとらえることを「定量的」といいます。

過去に出題された問題を見てみると、高卒認定試験では、定性的な問題と定量的な問題の両方が出題されていますが、定量的な問題の方が多い傾向にあります。

範囲は、力学を中心として波・電磁気・原子・分子の基礎的問題が出題されます。


高卒認定試験 理科

おわりに

選択科目はなるべく得意な科目を選ぶほうがよいです。またはじめて学習する人や得意科目がない場合でも、1科目あたりの学習時間が多くならないよう、理解しやすい分野を選ぶことで効率よく学習を進めることができます。

高卒認定試験は合格のために必要な科目数が多く、限られた時間の中ですべての科目をまんべんなく勉強することはあまり効率がいい方法ではありません。

自信を持って試験に挑むためにも、確実に得点につなげる範囲を広く持ったほうが良い一方、合格点以上の点数を取るためには得意不得意に関わらず、勉強する範囲を絞ってでも、一定の時間を割いて学習していく必要があります。

おすすめ記事


J-Web School 高卒認定試験キャンペーン中
J-Web School 高卒認定試験無料説明会 
 

J-Web School SNS

高卒認定試験に関する様々な役に立つ情報を発信しています。

 
 
J-Web Schoolロゴ

私どもJ-Web Schoolには高卒認定試験(高認)・大検を確実合格に導く充実のサポートがあります!