高卒認定試験(高認)・大検はJ-Web School

お問い合わせはお気軽にどうぞ
J-Web Schoolへお問合せ
平日10:00-21:00 土日10:00-18:00

コラム

本好きの方必見! 高認を利用し司書になる方法とは?



図書館業務に広く携われる「司書」は、本好きなら一度はあこがれる仕事です。今回は「司書」になるために必要な資格や条件を含めて、高卒認定(以下:高認)を利用して図書館で働く仕事に就くためのステップをご紹介します。


■そもそも司書の仕事内容は?
「司書」とは、一般的に公立図書館や小中高の学校の図書室などで本を管理し図書館のサービスを担当する仕事です。 主な業務はカウンターで行う貸出や返却業務。
そして、利用者の要望に応じて本を提案する読書相談のようなレファレンスサービスです。
他にも「本の購入」「本の管理」「展示コーナーの運営」といった図書館業務に広く携わります。


■「司書」の目指し方
資格を取るためには、「司書」として働くときに資格が必ずしも必要というわけではありません。とはいえ、図書館の募集要件として司書の資格を取得している条件を求めるところがほとんどです。
司書として働く第一歩として、資格を取得することが大切だと言えるでしょう。
高卒認定をお持ちでない方が「司書」の資格を取得するためには一般的に2つの方法があります。


方法1・「司書養成科目」の単位を修得
大学や短期大学在学中に「司書養成科目」の単位を修得して資格を取得する方法です。
高校卒業認定を受けていない方は高卒認定試験に合格後、通信制を含めた大学や短大への進学し「司書養成科目」の単位を取得する必要があります。


方法2・「司書補」からのステップアップ
まず「司書補」になるという方法です。「司書補」とは司書を補佐する役割の図書館専門職で、司書と同様に貸出・返却業務・レファレンスサービスなどの業務に携わります。
「司書補」を取得するためには、高等学校を卒業しているもしくは高等専門学校第3学年を修了している人であれば「司書補講習」を受けることができます。そのため、高認を利用した後、資格を取得することが可能です。
「司書補」の資格を取得した後、図書館で3年以上の勤務を続ければ「司書」になるための講習を受講できます。講習修了後に司書の資格を与えられることになるのです。



ここまで司書の資格を取得する方法について説明してきました。司書の資格を取得した後も、公立図書館や企業などが有する専門図書館で働くためにその図書館の属する都道府県や会社の採用試験に合格する必要があります。
道は長いかもしれませんが、図書館に働くことにあこがれをお持ちの方はぜひ高認を取得し「司書」を目指してみてはいかがでしょうか?

J-Web School 完全合格コース
J-Web School 総合本科コース

就職支援パートナーハタラクティブ